やさしさ委員会

令和3年度 やさしさ委員会

1.委員会日程

  委員会開催日程        毎月第2水曜日 19:00~21:00
  ニコニコキッズスタッフ会議  毎月第1月曜日 19:00~21:00

2.役割

委員長:阿形 幸信     副委員長:林 昌利
議事録作成:柳 豊美    広報担当:服部 尚美
10周年記念誌:阿形 幸信、服部 尚美

3.令和3年度 事業計画

 A) 目 標
   多世代にわたる成熟したコミュニティを創る

 B) 長期計画
   ① 地域の人々が地域の人々のために自主的に活動をするようにする

 C) 中期計画
   ① 活動を手伝ってくれる方々の輪を広げる
   ② 委員会メンバーの継続的な活動への参画を促していく

 D) 事業計画
① しゅうどう食堂
  • 今年度の実施は見送る。
② しゅうどう寺子屋
  • 今年度は1~2回程度、夏休みに実施したい。
③ 赤舞台イベント
  • 「アマビエ」の事例を参考にしながら、三密にならない方法でのイベントを検討していく。
④ にこにこキッズサロン
  • 感染拡大の状況をみながら、イベントの開催を検討する。
  • そら豆やさつまいもの収穫は、本年度と同様の方法で実施する。
  • ほかの委員会のイベントに参加にする。
  • 幼児から小学生までを対象とした活動を検討する。
  • 参加者名簿を整理し、活動の周知などに活用していく。
  • しゅうどうこども園との連携を模索する。
⑤ 老人クラブ交流会について
  • 各会長に集まって頂き、隔月で会議を開催する。
  • 開催開始時期は今後相談していく。
  • 老人会の会員拡大に協力していく。
⑥ 小学校関係の活動について
  • 学校からの要請に応じて、積極的に協力をする。
⑦ 「おたすけ隊」について
  • 地域の困っている方々を「おたすけ」していきたい。
  • 「おたすけ隊」を実施しながら、地域にどんな方がどんなことに困っているかを把握していきたい。
  • たすけてもらった方がたすける側にもなれるよう、人と人とをつなげていきたい。
  • この活動を通じて、まちづくり会にも参加・協力して頂けるよう促していく。
  • 厚生地区や佐八地区の活動を参考にしながら、出来ることから始める。
  • 小中高校生にも参加をしてもらえる仕組みを作る。
  • (活動案)

    自治会の粗大ゴミ回収日に軽トラックなどで粗大ゴミを回収して廻る。
    ・ 高齢者や何らかの理由で粗大ゴミを運ぶことが困難な方を対象とする。
    ・ 玄関先までは本人に出しておいてもらう。
    ・ 協力して頂ける方を募集(探す)。
    ・ 賛同して頂ける自治会と取り組んでみて、今後この仕組みを広げていく。
⑧ 「桜カフェ」への運営協力 毎月第2水曜日
⑨ 修道夏祭りの実施
    にぎわい委員会と連携し、地元住民、PTAなどの協力を得ながら実施する。
⑩ 委員会開催日 毎月第3水曜日

4.令和2年度事業・活動報告

1.1 にこにこキッズサロン
   さつまいも掘りの実施

    日時:11月8日(日) 10:30~14:00
    場所:修道小学校
    参加者:7組(保護者:8名、子ども:14名)
    スタッフ:11名(婦人会:3名)
    ※三密を回避するため、人数と時間を調整して実施した。
    ※連作の影響が出ているので、植える作物を考え直す必要がある。
1.2 「アマビエ」を飾ろう
    目的:赤舞台にコロナ禍終息を願い「アマビエ」を飾る。
    実施日:令和2年12月5日(土) 9:00~14:00
    12月5日~8日10:00ごろまで赤舞台にて展示。
    小学校とこども園分を回収し、残りは継続して展示
    ※ラミネートをして鈴をつけたら、大変好評だった。
    ※小学生などが自分の描いた「アマビエ」を赤舞台に見に来ていた。
    ※当日はどこのマスコミも来なかったが、何かの番組で放送されていた模様。
    ※残りの「アマビエ」を仕分けして、描いて頂いた方々に返却する準備を実施。
    ※17日より資料館などで持って帰ってもらえるようにした。
    ※年末まで掲示したあと、残りを回収し、独居の高齢者の方々に配布。
    ※最終の「アマビエ」の数 552枚
    小学校 145枚  長寿会 10枚  こども園 124枚
    成川さん 34枚  郵便局 16枚  森島さん 52枚
    ニコマート 10枚  有明の里 45枚  資料館 24枚
    柳さん 13枚  徳田内科 56枚  その他 23枚
1.3 その他
    その他の計画していた事業は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止とした。