あんしん委員会

安心・安全なまちづくりを目指し、各年度の事業計画及び委員会に於いて検討した事項に基づき活動して行きます。

令和3年度 あんしん委員会

1.会議日程

委員会開催日程      毎月第2木曜日 19:00~21:00
プロジェクトチーム会議  毎月第1火曜日 10:00〜12:00

2.役 割

  委員長:志明野 繁樹     副委員長:小野 理江子
  議事録作成:山川 哲史    広報担当:高阪 正雄
  10周年記念誌:志明野 繁樹、山川 哲史

3.令和3年度事業計画

 各種事業活動については、新型コロナの影響で今年度も開催が不透明であるが、予算を考慮しつつ地域の防災・防犯等の、あんぜん・あんしん対策に取り組む活動を計画し、地域住民への意識づけ・参加型の活動を予定します。
  但し新型コロナウィルスの終焉が見通せないことから、中止・延期・内容の一部変更等、各イベントが予定変更になる場合があります。

 1. 防災・減災対策
   ①伊勢市防災センター見学会
    *防災体験学習及び救急・消防関連施設の見学(伊勢市消防署含む)
   ②神戸震災記念館への研修・見学会
    *神戸『人と防災未来センター』(映像と展示・シアター観賞等の体験)
   ③防災講演会の開催
    *防災・減災に対する備え、心構え等についての講演

 2. 防犯・安全対策
   ①AED講習会
    *AED設備の説明と使用方法を、地域住民が体験
   ②高齢者向けあんぜん講習会
    *交通安全や特殊詐欺対策等について、講習及びDVD観賞の実施
   ③防犯ニュースの発行
    *各種防犯関連(イラストとコメント)のチラシ作成

4.令和2年度事業・活動報告

 修道地域の防災・防犯等の「あんぜん・あんしん」対策として、各種見学会・講習会・研修会等の開催、避難所運営マニュアルの作成、防犯対策ニュースの発行等の活動を計画しましたが、新型コロナウィルスの影響により予定されたイベントが多数中止となりました。

1.伊勢市防災センター見学会、AED講習会、あんぜん講習会、震災記念館研修・見学会、防災講演会・・・中止

2. 避難所運営マニュアルの作成

 昨年度から継続して検討してきた避難所運営マニュアル(案)が完成した。修道小学校及び伊勢市(危機管理課)への確認チェックを実施したうえで、修正・追加・削除等(4月~8月)しマニュアルを完成しました。9月の役員会にて審議承認~1ケ月の閲覧期間を経て、修道小学校及び伊勢市(危機管理課)に冊子とCDを配布(10月)しました。また、最終的に修道まちづくり会のホームページにアップロード(12月)をしました。

《意見・反省点》

*新型コロナ禍の対策も折り込んだらとの意見も出たが、変動要素も多く現状ベースの発行とし、今後、必要の都度見直していきます。なお、避難所運営マニュアルと様式・資料等を必要部数コピーし持出コンテナに準備しました。

3. 防犯ニュースの発行

【令和2.12.15号の伊勢市広報に合わせ配布】
 今年度は、防災ニュースから防犯に関するお知らせに変更し発行しました。
 表:特殊詐欺の手口(騙されないために)と裏:子供の安全(守ってほしい5つのお約束)について両面印刷(厚紙)で作成し、保存版として全戸に配布しました。
 また新型コロナの影響で、各種イベントの予算消化が出来ない状況から防犯ニュースの”子供の安全~守ってほしい5つのお約束:いかのおすし”の下敷きとA1版ポスターを作成しました。
 修道小学校全生徒と新1年生に下敷きを配布し、A1版ポスターは修道こども園で掲示や使用をお願いしました。

《意見・反省点》

*次年度も厚紙・両面刷りで、防犯に関するものを発行していきたい。
*下敷き(透明:ポリエステル製・目盛定規付き)の作成は、子供たちへの注意喚起としても意味があり大変有効であったと思われる。

4.その他

*新型コロナウィルスの影響により、役員会・各委員会が7月の開催まで開けない状況となり上期の各イベントが予定中止になり、予算消化できない状況が発生しました。
*修道地区の土砂災害ハザードマップの作成について、ワークショップ(伊勢市都市整備部監理課)を実施し、各自治会毎の危険箇所、避難場所・避難経路等を地図に落し込み、伊勢市土砂災害ハザードマップ(修道地区)に反映させました。
*プロジェクトの開催(火曜日AM/月1回)も新型コロナウィルスの影響で中止が多かった。
あんしん委員会の審議を補完する意味では平日で少人数であったが、成果があった。今後も継続的に実施していきたい。
*現あんしん委員会メンバーには、次年度への継続参加を依頼しました。